消費者金融のカードローンはどんなATMで使えるか?

消費者金融が自前で持っているATMは利便性が高い

消費者金融のカードローンと契約後、お金を借り入れるには指定した口座に振り込みを依頼する、ATMで出金をする、有人店舗に行って店員からお金を受け取るといった方法があります。
では、ATMから借入を行う場合、具体的にどのようなATMであれば利用可能なのでしょうか。まず、大手の消費者金融の場合、自前のATMを運用していることがほとんどです。銀行やコンビニのような表立ってわかる場所には設置されておらず、たとえば、雑居ビルにある消費者金融の無人店舗内、あるいは国道沿いにある、同じく無人店舗内などにあります。消費者金融が自前で運用しているATMは硬貨を入金できるようになっているものが少なくないので、請求金額を1円単位でぴったり返済したい場合に便利でしょう。

消費者金融が手数料を負担して他社のATMで利用可能にしている

消費者金融が自前で運用しているATM以外では、都市銀行や地方銀行のATM、そしてコンビニ内にあるATM、あるいはクレジットカード会社が運用しているATMで借入や返済ができる可能性があります。なぜ違う会社のATMを使えるのかというと、消費者金融側がお金を払い、自分のところのカードでもお金の出し入れを可能にするという契約を結んでいるからです。
消費者金融が持っているATMだけだと、数が少ないので、客が利用するにはかなり不便になります。すると、契約数が伸びないため、手数料を負担してでも客が他社のATMで自社のカードを利用できるようにしているというわけです。ただ、どの銀行、コンビニのATMでも消費者金融のカードが使えるというわけではないので注意しましょう。

© Copyright Low Interest Loans. All Rights Reserved.